分類: お気に入り

10月のさいさい子ども食堂

16年10月10日 月曜日

gennkannkaeihozonnkosuhikoukibunnko
10月のさいさい子ども食堂が8日に開催され35人のこどもたちが食べに来てくれました。この日はハロウィンDAYと広報すると、アリスやお姫様、かわいい悪魔さんなどコスプレで来てくれる子どもたちもいました。

そしてメニューもハロウインカレー.
かぼちゃを入れて炊くと黄色いご飯ができ、人参の型どりや,
のりでコウモリなどをつくり、サポーターのおばちゃんたちが頑張りました。

こどもたちが笑顔で美味しいと言ってくれ、中には4杯も食べる子も!

この日は、城東台かるがも文庫さんもボランテイアに来てくれ、お手玉や、紙芝居、折り紙など子どもたちも大喜び。

宿題をちゃんとして遊ぶと自分で決めている子もいて、土曜日の過ごし方として定着しているのかな?居場所となっていけば幸いです。

また天気が良かったので外遊びもしたがり、スケーターなどを持参してくる子もいたので、お兄さんボランテイアに見守ってもらい、初めて
外遊びもできました。目一杯食べ、遊んでと帰るという過ごし方ができたようです。

近所の大人も食べに来てくれました。また、特別養護老人ホーム中野けんせいえんの地域センターをお借りしているので、面会に来た高齢者も食べて帰り、こどもたちと触れ合うシーンもあり微笑ましかったです。
中にはよく飛ぶ、紙飛行機の飛び方を伝授してもらっている若いママの姿もあり、自然に世代間交流ができていました。

今回も、じゃがいも、コーン、さつまいも、かぼちゃ、コメ、栗などたくさんの食材提供やカンパも寄せられ、みなさんの善意でなりたっていると感謝です。

こども食堂は、大人の都合で始まり、大人の都合でやめてはいけない、継続することが一番の課題ということですから、持続していこうを合言葉にサポーター、一同決意を新たにしました。この日も20代のサポーターを含め3人新しいサポータが加わり、輪も広がってきています。

木村草太&野田淳子ライブ

16年9月26日 月曜日

14448765_1099924053436098_6672179002005732170_n
岡山弁護士9条の会と岡山9条の会主催の木村草太と野田淳子のライブに行きました。
野田淳子さんの透き通るような歌声に癒されたあとは木村草太さんの流れるようなトーク。
時折ユーモアを交えながらも、憲法についてしっかり学ぶことと論理的な思考で護憲派を切ることを学びました。
憲法制定のころの話では
押し付けられたという人もいるがその頃の日本の国の驚異的な存在が危険であり民主主義を基本にすることが求められていたとのこと。
そしてアメリカが日本型国の影響を受けない短期間の間に「封建制の廃止、戦争の放棄、天皇制の維持」を原則にGHQ案が出来たとのこと。そしてそれを整理したのが日本政府であり日本政府としてもいい憲法にしようとしていたと語られました。
これからの戦い方のツボを教えていただいたようなお話でした。

お盆です

16年8月15日 月曜日

13882269_1061283920633445_6489764028042442959_n
お盆です。いつもは姑を連れて夫の里に帰り、泊まり込みで規制するのですが・・・今年は姑の認知症がすすみ、帰りたいとも言わずデイケアだけを楽しみにしているので、デイケアに行っている間に強行突破し日帰りでお墓参りだけを済ませました。

夫の里は、真庭市美甘です。県北の2000人ほどの小さな村でしたが合併され真庭市となりました。

とにかく緑と空気がきれいでかえってこの景色を見るだけで癒されます。
私は商店街で育った街の子だったのではじめはこの田舎がいやでいやで・・・・
なんにもない、時間がたつのが遅い、人間関係が濃い!
そのすべてが今は楽しめます、何にもないところでボーっとすることのうれしさ、時間がゆっくり流れることの喜び、そして濃い人間関係をこちらからどっぷりつかってしゃべりこむのも好きになりました。不思議ですね・・・・

子どもたちが小さいときはまだ姑も美甘に暮らしていたので長い夏休みの一週間くらい預かってもらっていました。その頃は、コンビニもない!虫が多い、遊び道具がない!などなど文句ばかり言っていた子どもたちも、今は田舎にふとした時に帰りたくなるようです。
田舎、ふるさとのあるありがたさを感じています。

夏祭り

16年8月10日 水曜日

13903285_1057298824365288_7189274907550416692_n
今年も夏祭りの季節です。東区は学区でのお祭りが多く、町内だけのお祭りは地元では数か所となりました。6日の土曜日もあちこちの学区で行われており、回らせていただきました。豊学区では母校の、旭川荘厚生専門学院の学生さんが頑張っています。私もこのころ18歳から20歳まで、朝6時から9時まで旭川荘の児童院でアルバイトし、そのあと学校に行く日か、学校に行ったあと夕方から夜九時まで児童院でバイトという交互の日程で、あいている夜は飲食店でアルバイト、土日はボランティアというハードな日々でした。青春だったなーと皆さんの笑顔にキュン!となりパチリ。
そしてある学区ではその旭川荘時代に一緒に頑張っていた支援学校の先生たちがバンドを組んでいて懐かしい歌が聞こえびっくり~という出会いもありました。

そしてどこに行っても、あちこちで地域のために汗を流し、損得なしに頑張っている皆さんに励まされたのでした。

被爆2世・3世の会の全国交流会

16年8月8日 月曜日

13895183_1022357547882983_6905603536773513305_n
被爆2世・3世の会の初の全国交流会が8月5日広島でありました。
岡山は昨年2世・3世の会ができたばかり、岡山から6人の参加。岡山から参加した二十歳の学生が、アンテナを高くしてつながっていきたいという未来につながる活動のあり方を提起し励まされました。
被爆者の健康調査をしていろ広島共同病院の青木ドクターの話を伺い、あらためて2世・3世も被害者なんだと実感。2世・3世の健康調査アンケートでは、小さい頃から鼻血をよく出す、貧血、アトピー、ぜんそくなどの症状がある方が多いとの結果、私も原因不明の万年貧血、これは若いときから、うちの子どもたちも鼻血をよく出していたし、次男はアトピーでした等々考えるとやはり因果関係をはっきりしてほしいと思います。国は内の一点張り。まずは2世・3世で実態調査をする必要があります。大きな宿題をいただいたのと、被爆者自身の高齢化の中できっちりとそのことをつなげて提起できるのは2世・3世だけです。がんばらなくては!

日本共産党の笠井あきら衆議院議員も2世と言うことで参加されていました。国に2世の健康調査の予算化もふくめ、責任をとらす運動をと力強く訴えられました

66歳のジュリーも最高!!

14年10月6日 月曜日

66歳のジュリ〜も素敵でした^_^
昨夜はお友達と沢田研二のコンサートへ。
一曲目から総立ちで今朝は筋肉痛(≧∇≦)
危険な二人からヤマトの主題歌から、アンコールは勝手にしやがれで、中学の頃、ザ・ベストテンを興奮して観ていた気分にもどり、
もう鳥肌もので大満足でした!
途中の自作のメッセージソングは、憲法9条を守ろうという内容のものから、東電批判、東京五輪を皮肉り被災地支援が遅れるというものから、原発廃炉へ、フクシマ応援のものまで5曲くらいありました。
どれも心に届くメッセージばかり。
白髪でもお腹が大きくても、ステージ飛び回り、声は全くおとろえてない、生き方もぶれてない、66歳の今の沢田研二が最高です!