• 07
  • 12月

2016年11月議会 個人質問原稿(2016/12/8)

 

1 東区の諸課題について

(1)すでに始まっている人口減について

各区別計画の素案が示されています。それによると東区は4つの区域の中で唯一人口減少期に突入しています。2010年をピークに減少しており高齢化率は4区の中で最も高くなっています。

ア)その中でも幼少期から進学・就職前の子どもの世代が転入超過となっており、進学・就職時期の世代が転出超過となっています。

この特徴をどうお考えか?

イ)区別計画の中で区づくりの重視すべき視点として高い区民力と地域資源の魅力を積極的に発信することとあるが、具体的にどうお考えなのでしょうか?

ウ)人口減をどう止めるか?速度を遅めるかなどの具体的視点が、区計画にはありません。たとえば小規模特認校のある地域に子どもたちを呼び込む施策をとるためには、移住定住政策や空き家対策などほかの分野と連携し具体化する必要があると思うがどうでしょうか?

 

(2)公共交通ネットワークについて

前期中期計画素案にはマスカット型都市構造が示されました。そこには東区では西大寺を都市拠点とし、上道と瀬戸を地域拠点とし、ネットワーク化とすることが書かれています

ア)しかし西大寺と上道はつながっていません。それはなぜですか?

イ)交通不便地域の具体化は、総合交通計画に位置づけられた後に優先順位など整理して市として取り組むことになるのでしょうか?

 

(3)旧東区役所等跡地公募事業について

旧東区役所跡地公募事業についてプロポーザルが行われ結果的に一団体しか公募がなく、審査の結果900点中の728点で決定されました。

期待されていた西大寺の活力の低下や人口減少、少子高齢化などの課題に対応し、西大寺駅前の新たな活力、賑わいづくりという評価では120点中の92点でした。

ア)これで期待に応えることが出来るという評価でいいのか?

イ)また施設の計画の評価も120点中72点という低い点数です、地域のニーズへの対応はどういかされるのか?

ウ)10年間、この事業者がこの場所を活かしてどうしていくのかという計画を市は把握しているのか?

エ)地域のニーズや地域への還元は今後どう保障されるのでしょうか?

 

 

2 子どもの貧困対策について

(1)第2期岡山市教育振興基本計画での位置づけ

第2期岡山市教育振興基本計画素案が示されました。市の教育理念として市民協働による自立に向かって成長する子どもの育成が掲げられています。

また計画素案の第三章「人づくりを取り巻く現状と子どもを取り巻く課題」に経済状況の厳しさにふれながら、政策には位置づけられていません。

ア)計画素案の6つの政策のもと「自立する子どもの育成」をめざすというのであれば、たとえば政策1の主体的な学びの推進とありますが、そのスタートラインにもたてない子どもたちのことはどうするのか?その背景にある子どもの貧困対策をきちんと取り組まなければどの子も自立できる環境作りとはならないのではないでしょうか?ご所見をお聞かせください。

 

(2)子どもの貧困対策推進本部について

「子どもの将来が生まれ育った環境によって左右されることがないように」という貧困対策推進本部の大きな目的を達成するためには横断的な関係部署の連携が重要となります。

対策推進本部がその機能を持つことを期待しています。今各部署から貧困に関連するデーターを集めていると伺っています。

ア)世帯収入のデーターと社会保障給付のデーターのつきあわせ、滞納世帯の子どもの実態など突き合わせが可能なのか?分析はどうするのか?

イ)国勢調査の情報はどこまでつかめ、推進本部で示すことが出来るのか?

ウ)市として貧困率は出せないのか?大学等と協力して調査研究している自治体もあるが、方法もふくめ貧困率をだすことのお考えをお示しください

エ)足立区は新一年生にアンケートをとり、その後義務教育内で4回、同じ子どもを対象に後追い調査もするとのこと、大阪市でも学年をしぼってアンケートを採りました。各自治体でより実態をつかむための努力が始まっています。岡山市としても学年を決め、実態調査をするべきだがどうか?

オ)子どもの貧困は、経済的なものだけでなく、関係性の貧困も重大な背景の一つと言われています、市はどう把握するおつもりでしょうか?

 

(3)貧困解決のための具体的提案

ア)対策本部は出来たが、具体的な施策をどこが中心になって前に進めていくのか、単独で対応する部署が必要です。今回の機構改革で示されなかったのはなぜか?

イ)抜本的な解決のためには、条例や計画が必要です。前回の私の質問に「必要性も含めて検討する」との答弁でした。その後どうなったのでしょうか?

ウ)子どもの貧困の背景にシングルマザーなどの家庭の問題がうかがえます。特に非婚の母・父などは税法上の定める寡婦控除が適用されないため、制度の適用において不平等な状況にあります。寡婦控除の見なし適用の対象事業を今の保育料や学童保育料以外にも増やしてはどうでしょうか?

エ)子どもの貧困解決の大きな鍵は地域のネットワークだと言われています。小中学校、子ども総合相談所、福祉事務所など行政間の連携はもちろんですが、民間団体、医療関係者、NPO、塾などの事業所など地域でのネットワーク化が必要だと考えます。川崎医療福祉大学の関係者が主導で行われている、貧困対策ネットワーク会議に私も参加したことがあります。さまざまな職種や団体の方が地域でどう子どもの貧困に向き合っているのか交流できるいい機会でした。こういう場が各地域で必要だと思いますがいかがお考えでしょうか?

オ)以前から提案している就学援助の新入学学用品費の前倒し支給について重ねての提案です。福岡市や北九州市なども前倒し支給を決めています。収入認定は前々年度のものを使うとのことです、岡山市でも出来るのではないでしょうか?

カ)政府も平成28年度からの給付型奨学金の導入を決めています。しかし対象はたったの2万人。高校が推薦基準を決めるとのことです。それでは、社会に出て返済困難になる多くの方を抜本的に救う制度とはいえません。日本共産党は、奨学金を利用する学生のせめて半数をカバーするためには70万人に月額3万円をと訴えています。岡山市の奨学金を必要とする学生達に届く政策にするためには市独自の施策が必要です。ご所見をおきかせください。

 

  • 14
  • 11月

14963127_1144637718964731_2598070070997810893_n
タイムリーな報告はほとんど、フェイスブックとインスタグラムの方でおこなうこととなり、なかなかブログを書けず・・・・
それはパソコンに座る時間がなかなか取れず、待ち時間や、お布団の中でも気軽に更新できるスマホでできるほうが優先となってしまうからです。
なのでブログはタイムリーな報告でなく、エッセイ的な内容を記録する為に書く事とします。

さて私たち党市議団では議会ごとに、市政報告会を5人揃って行っています。
これは今のメンバーになって始めたことで、できるだけ議会ごと、全ての区で開催しています。

今回は日程が取れず、一箇所だけ南区だけの報告会となってしまいました。
この日は土曜日ということもあり、子育て真っ最中の東議員と田中議員は子連れ参加となりました。参加者が子守をかってでてくれアットホームな報告会となりました。

赤ちゃんがいるとそれだけで和み、未来を感じます。

しかし保育園には入れないことは深刻、毎日のように私にも、保育園には入れないという相談が入ってきます。岡山市だけでなく、最近は赤磐市など近隣の市の相談も入るようになりました。なんとしても認可保育園を増やしていかなければいけません!!

この日の報告も保育のことは会場からも話が出て、公立幼稚園保育園の30園の認定こども園として、他は統合民営化という市の方針を、撤回してもらう運動をと意思統一されました。

後楽館高校跡地の売却問題や介護保険の問題など会場の皆さんとしっかり語り合うことができました。

政務活動費の使い方の問題も議論になり、私たちは領収書を以前から公開しておりオンブズマンの裁判でも返済指摘はないことなどを報告。
きっちりと調査活動を行うための事務局職員の養成などには使いたいという私たちの考えも説明しました。

  • 06
  • 11月

11月4日に東区の連合町内会長と東区選出の市会議員との懇談会がありました。
東区計画について、区別の特別委員会をつくり話し合いをしているのでその報告とく計画に盛り込んでほしいことを町内会長さんたちから伺うという目的です。

やはり、道路のこととか企業誘致、雇用などの要望が多く・・・

ここでは聞くことがメインなので議員同士の政策論争はやるべきではないとできるだけ超党派で一致していることを申し上げ意見を聞き置くという立場で参加した。

それはほかの議員も暗黙の了解のような感じだと思っていたが、ある方だけは独自の政策を何度も繰り返していた。その内容が東区をCCRC構想の地域にとの提案。
元気なうちに高齢者が移り住んでひとつのコミュニテイを作りそこで健康寿命を延ばしながら高齢者同士支え合いながら看取りまでという考え。
今国がまちひとしごとの構想の中で急に提唱しだした考えです。

その中で療養病棟のベット数が削減することなども言われていたがそもそも自民党が医療報酬の削減、療養病棟のベッド数の削減、そして平成の大合併で、地域を住みにくくさせておいて、今更高齢者は固まって住んで助け合って・・・なんて!!!と
論争したかったけどそこはそういう場ではないので避けましたが・・・

生まれ育ったまちで老いても安心してできれば自分のおうちで家族に看取られたい!というささやかな願いが叶うような街にどうすればできるのかが私は大事だと思います。
そして施設に入らざるを得ない方も、施設でも家と同じような人間らしい暮らしを提供し看取りまでというならもう東区でも実践されている施設もあるので、出来ると思うのだけどなあ~~~

話がそれましたが、町内会長さんたちからは最終的には学区弾力化の問題や、保育園の問題まで出てしっかりと意見も聞け有意義な時間でした。

  • 25
  • 10月

介護保険推進サミットin岡山が、20,21日と岡山シンフォニーホールを中心に開催され、参加しました。介護保険が出来た頃から全国で開催されているもので、介護保険推進の立場のサミットです。しかし、今日のシンポジストの稲城市の副市長さんの言われるように、介護保険は、どういう地域づくりをするのか?の道具の1つであり、いいところは使い、足らない部分は行政がつくればよい!という姿勢は大変参考になりました。また私が個人的に楽しみだったのは、豊中市のカリスマ?コミュニティソーシャルワーカーの方のお話。例のNHKドラマで深田恭子さんが演じたモデルになった方。地域に入り込んで問題をみつけみんなのものにして地域で解決でき、支え合うシステムを作るとの働きぶりに、どこの社会福祉協議会もそうなればとの感想が司会の方から漏れました。
全く同感。

2日目は実り多い内容でした。
特に基調講演の世田谷区立特養ホームの石飛幸三医師のお話。済生会病院の外科医として、胃瘻や気管切開など穴をあけることで延命をしてきたけど、これでいいのか?と思い、特養に変わった時に間違いと気づいたこと。人生の終末期に自然にその人らしく最期まで生きていただくのに、胃瘻などの延命措置は間違い、平穏死が自然の姿だと気づき実践している報告でした。ホームで看取るということはどういうことか?
もう病院がお手上げ、食べないと死ぬから胃瘻をと勧めた患者をホームに連れて帰り、本人の好物を食べたい時に食べていただく。あくまでも周りは伴奏者でいいのだと。

私も現場にいて、胃瘻や気管切開に疑問を感じ、議員になってからもそういう相談があった場合、本人は苦しいばかりだから、個人的には勧めないけど、医者がいうのなら、家族が納得するまで話し合ってくださいと、返事していた。
今日の石飛先生のお話で、まちがってなかったと感動しました。そして人生の最期に寄り添う介護士は感情労働で良いのだ、介護に医療はできないが時にそれは医療を超えると。介護は自分を成長させると言い切ってくださることに、またまた感動。
いいお話でした。
あらためて介護の仕事は人権擁護の集大成であり、素晴らしい専門職だと思いました。だからこそもう少しそれに見合う専門性と報酬が必要ですね。
あとは介護保険を作った立場の厚労省の方の報告があったり、地域での包括ケアの実践者の報告があったりと盛りだくさんの内容でした。
14724444_1127579980670505_7733433483914070591_n

  • 21
  • 10月

「こんにちは日本共産党の竹永みつえです」ニュース No.66を掲載します。

  • 20
  • 10月

多様性のある社会実現特別委員会がありました。
この期初めて出来た委員会で自民党の男性議員さんからの提案で実現となった委員会です。時代は大きく変わったと実感します。
もう十年以上も前に、性的マイノリティの問題を議会で取り上げた時は当局も議場も反応あまりなく・・・それでも女性議員は超党派で上川あやさんという東京世田谷区の性同一性障害の区議会議員のお話を聞く会をしたりなど継続的に勉強していました。そして世の中もこの問題を自然に取り上げることが多くなり、議会も自民党の男性議員が複数とりあげ、LGBTという言葉も初めて使い議場で質問されました。
まさに機運がたかまり、この特別委員会の設置となりました。委員長をさせていただき、視察先も昨年は民間会社に行ったり工夫をしました。そして今年の視察は、来月沖縄那覇市に行くことになりました。
那覇市は性の多様性を認め合う宣言都市であり、同性婚を事実上認めるパートナーシップ制度も導入しており先進都市です。

そしてこの問題を6年間も取材してドキュメンタリー番組を作成したテレビ会社のデレクターとも会えることになりました。とてもみのり多い視察になりそうで今から楽しみ!

そのためにもこの委員会で予習も兼ねて、そのテレビ番組「にじいろ~性同一性障害・多様な明日へ~」を視聴しました。

10人十色の多様な性があること。どんな夫婦の形もありで、同性や性転換をしても当事者が生殖補助医療などで子どもを望み育てることが
できることなど未来につながるお話でした。

また、今回、プラウド岡山という団体が市民共同事業でLGBT啓発のパンフレットを作成し各課で生かすことや、これをもとに教育委員会は教職員研修のマニュアルを作成するなどが報告されました。
担当職員も那覇市のDVDを見て、ここまですすんでいるとは・・・と岡山の現状との差を実感されていました。

これからです・・・・特別委員会としてもできることを頑張ります