分類: 東区

子どもを支援すると言うこと

16年9月30日 金曜日

14463077_1104204593008044_7600089853794287948_n14495506_1104204556341381_6889972040989222933_n
7月から初めた西大寺子ども食堂・さいさい子ども食堂はまだまだ手探りでサポーター達も悩みながら取り組んでいます。
そこでいつもは午後3時からの会議を、今日はランチミーテイングとしてしっかり話そう!と集まりました。
みなさん、地域のために子どものためにと立ち上がった方々ですが、そういう方は何に対してもポジテイブなので、結構忙しい方も多く
月一回の食堂の日も全員参加とは行かず、たくさんのサポーターを作っておかないといけません。今サポーターに登録してくださっているのは16人、当日お手伝いいただけている方も入れると20人で回しています。
それでも月一回でも地域の様子、子どもの様子を情報交換できるのもすばらしいなあと改めて思いました。
最初は高学年から中学生を対象にとこちらは思っていたのですが、ふたを開けてみると、小学生が多く、お母さんと一緒に参加してくださっている方もあり、学童保育のような賑やかさになっています。それでもここが月一回でも居場所となり、地域のおばちゃん達とお話ししたり一緒にご飯を食べたりすることで、みんなで子どもを育てているという地域になればと思っています。
まず続けることだとみなさん言ってくれ頼もしい限り。

西大寺でも子ども食堂を!と呼びかけがあり集まってみると、私が子育て時代に一緒に汗を流していたPTAのママともだったり、子ども劇場の仲間だったり、保育士仲間だったりと気心のしれた方々ばかりで私にとっても安心の居場所となりそうです!

そんなに気負わず自然に子どもを支援できたらいいねと話し合っています。

そこで今日は、赤磐市子どもの家に有志で訪問してきました。
赤磐は市と市民団体で「貧困フォーラム」を開催し、子どもの貧困を重要視する中で市民が、短期間まずやってみようとカレーを振る舞う日を公民館で行ったことがきっかけで支援団体ができたとか。
そしてその後、地域に居場所をと民家を購入し、子どもの家の設立となったそうです。毎晩夕食を提供し宿題や交流を行っています。対象は中高生が多く、何らかの問題を抱えていたり、障害があったりと困った感の多い子どもたちが来るそうです。
様々なケースを伺いながら、正面から子どもたちと向き合うスタッフに感動しました。

そして子どもが置かれている環境の厳しさも教えていただきました。30人のボランテイアスタッフが毎日交代で、まかない班、あそび班、
勉強班に分かれて対応しているそうです。発達障害の勉強や、性教育、SNSなどのツールの利用などスタッフも勉強しながらの日々だそうです。

私たちも出来ることから続けようと励まされたのでした。

今年最後の夏まつり

16年8月29日 月曜日

14102438_1075499632545207_1520232792270765284_n14054031_1075499769211860_5044319584768063384_n
今年最後の夏まつりは、あかね・健生園デイサービスセンター合同夏まつりでした。
この場所で33回目。すごい、特養部門が移転したのでその分参加者は減っていたようでしたが熱気いっぱい。
ケアハウスあかねには人生の先輩、党の先輩たちも入っておられるので久々にゆっくりお話も出来てよかったです。年を重ねても凛としておられて素敵.
またデイサービスの制服が笑い文字になっていたのも素敵でした。夏ももう終わりますね

さいさいこども食堂正式オープン!

16年8月25日 木曜日

14064237_1073585859403251_7811743363435613527_n14102269_1073555109406326_3912717321483459560_n14117736_1073555279406309_8940660596534597816_n14046089_1073555239406313_3846798040961761142_n14045748_1073555116072992_4139635623696411597_n

先月プレオープンで開催した西大寺子ども食堂・さいさい子ども食堂が今日、正式オープンしました。チラシを見た方や、FBで知ったというかたたくさん来られ子どもたち22人の参加、大人とスタッフで60人の人が集いました。今日は宿題ボランテイアで西大寺中学校出身の大学生が夏休みで協力してくれました。
たくさんの方が提供してくれた野菜や物品をもとに今日のメニューは、ソーメンチャンプルー、おにぎり、からあげ、スープ、サラダ、デザートはスイカ、ぶどう、イチジクジャムのクラッカーなど豪華になりました。
アンケートでもおいしかったの声も多かったです。
また、小学校の先生達ものぞいてくれ、一緒に食べてくれました。「いっしょに食べるとおいしいね」という子どもの声にこちらもうれしくなりました。
地域の団体の方も食べに来てくださり、地域の底力を感じました。
毎月第二土曜日を基本に、開催を継続したいと思いますが、次回は、9月17日の第三土曜日となります。
ぜひご協力ください。

特養でちょっと一杯!

16年8月19日 金曜日

西大寺中野に引っ越してきた、特別養護老人ホームけんせいえんには4階になんと見晴らしのよいラウンジ機能のあるお部屋があります。
ボランテイアでカウンターに入ってくれるマスター、ママさんのいる日にオープンと言うことで不定期で、ご利用者さんのQOL向上のためにBARをオープンさせるとのこと。さっそくうちの娘と息子がボランテイアに手をあげ、18日の夜にオープン、一日だけのラウンジ涼が開催されご利用者さんや職員さんがお客さんで盛り上がっておりました。私もお客さんで参加。

女性同士でテーブルで盛り上がっている方々からは、岸壁の母や民謡など歌が飛び出し上機嫌。
カウンターでうちの娘がお酌すると、緊張したご利用者さんから「こんなお姉ちゃんがいるところは高いんじゃないの?」との質問。大丈夫ですよーとの声に安心して飲まれていました。
窓からは芥子山が一望、眺めも最高の場所で赤いカウンターがおしゃれで本当に特養の中?という感じでした。

ショートステイのご利用者さんもご夫婦で来られ、おしゃべりに花が咲きました。60年の夫婦の歴史を聞き、勉強になりました。

また熱燗がいいと言われた方から「刺身はないの?」との質問。基本、施設の夕食を食べてからのオープン時間だったので軽食しか用意しておりませんでした。今後の課題ですね!
息子も娘も、とても楽しかったと満足そう?今度はいつ?のうれしい声もかけていただき、また第二弾の計画をするみたいです。

家族や自分が入りたくなるような施設をめざそうと、こういう取り組みをしている職員さん達に頭が下がる思いです。

私も、もし特養に入るのであれば、こういうところでおばあさんになってもおしゃれしておいしいお酒をイケメンについでもらいたいな~と思いながら?みなさんとすてきな時間を過ごせたことに感謝した夜でした。

13938561_1067329233362247_8197471960888586411_n

14053994_1067329226695581_2539597100579953341_n

夏祭り

16年8月10日 水曜日

13903285_1057298824365288_7189274907550416692_n
今年も夏祭りの季節です。東区は学区でのお祭りが多く、町内だけのお祭りは地元では数か所となりました。6日の土曜日もあちこちの学区で行われており、回らせていただきました。豊学区では母校の、旭川荘厚生専門学院の学生さんが頑張っています。私もこのころ18歳から20歳まで、朝6時から9時まで旭川荘の児童院でアルバイトし、そのあと学校に行く日か、学校に行ったあと夕方から夜九時まで児童院でバイトという交互の日程で、あいている夜は飲食店でアルバイト、土日はボランティアというハードな日々でした。青春だったなーと皆さんの笑顔にキュン!となりパチリ。
そしてある学区ではその旭川荘時代に一緒に頑張っていた支援学校の先生たちがバンドを組んでいて懐かしい歌が聞こえびっくり~という出会いもありました。

そしてどこに行っても、あちこちで地域のために汗を流し、損得なしに頑張っている皆さんに励まされたのでした。

バレンタインの過ごし方

16年2月15日 月曜日
IMG_9522.JPG IMG_9553.JPG IMG_9555.JPG FullSizeRender_3.jpg

 

 
今年のバレンタインは日曜日。いつもは職場から夫がたくさん頂いてきて、それを食べるお仕事がありましたが、今年はさみしい。
でもニセ孫ちゃんから手作りのチョコレートが届きました。この手作り感がかわいい!
しかし事務所ではバレンタインだというのに、熱く、日本共産党の綱領学習会が行なわれていました。壁に飾られた二千万署名の絵手紙風スローガンがみなさんの政治の春をつかもうという意欲が感じられ、励まされました。
バレンタインは日本共産党への愛を確かめ合うために綱領学習だとか・・・すごい!!

みなさんからチョコレートのエネルギーよりもすごいパワーをいただきました。